20171119_1

今年、リビング用にスタンドライトを2つ購入しました。
ひとつはテーブルスタンドでテレビの横に、もうひとつの背の高いスタンドライトはソファとワーキングデスクの横に置いています。

それまでのリビングは、天井のど真ん中にあるシーリングライトで部屋の隅々まで明々と照らす「THE 日本的」な照明使い。我が家はリビング学習を取り入れているので、今でも子どもたちが勉強している時間はシーリングライトをメイン使いしていますが、TVやDVDを鑑賞する時はダウンライト+スタンドライトに切り替えています。(^^)

20171119_2

ダウンライトもテーブルスタンドも電球色を選択。
特にテレビの映像はシーリングライトの時よりも奥行きが感じられるようになりました。

そして、背の高い方のスタンドライトは・・・

20171102_1

ソファとワーキングデスク、どちらから見ても真横になる位置に置いています。

このスタンドライトは間接照明だけでなく、読書ランプとデスクランプの3役を担当!
上の写真では間接照明役ですね(^^)。

そしてこちらがデスクランプバージョン。

20171119_3

デスクランプとして使う時は電球の色を変えています。
もちろん、わざわざ電球を付け替えているわけではなくて、光色切替えできるLED電球を使用♪


プルスイッチを引っ張るだけで色の切り替えができるので、

20171119_4

一瞬で雰囲気が変わります!
間接照明や読書ランプとしての使用ならやっぱり電球色(^^)。


シーリングライトを外して照明を取り替えるのは勇気が要るし、コストもかかるので、我が家ではこんな風にスタンドライトやキャンドルLEDを使って手軽に灯りのイメージチェンジを楽しんでいます♪

ちなみに我が家で使っているスタンドライトはこちら。

 

ただ、背の高い方のスタンドライトは楽天のショップさんより、Amazon( ↓ )の方が断然お得でした!(1万円以上の差があります!!)



選ぶ時にこだわったポイントは、

・シェードが白無地ではない
・木製×メタルのポール

という点。
真っ白のシェードはくすみ汚れが目立ちやすいので(苦笑)。
ポールはオール木製より、一部がメタル素材のものの方が高級感が出るのでおすすめです(^^)。

写真で比較するとこんな感じです。

20171119_5

左のオール木製ポールのタイプに比べると、右側の木製×メタルポールの方がメリハリがある感じ♪

スタンドライトの購入時は白熱球が同梱されていましたが、電気代や光色切替を考慮してLED電球を購入して付け替えました(私は指光性や明るさを考えて、Panasonicを選びました)。


スタンドライトの効果が想像以上に良かったので、次はもう少し難易度が高い壁付け照明などにもチャレンジしてみようかなと思っています(^^)。



にほんブログ村テーマ ポチった物→届いたらレポ♪へ
ポチった物→届いたらレポ♪

にほんブログ村テーマ 北欧好きのお買い物と暮らしへ
北欧好きのお買い物と暮らし

にほんブログ村テーマ 間接照明へ
間接照明


お読みいただきありがとうございました(^^)。

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

現在こちら( ↑ )のランキングに参加しています。モチベーションへとつながっておりますので、よろしければ上のバナーに応援クリックしていただけると嬉しいです♪